腸内環境の悪化もニキビの原因の一つ、食生活で改善

お肌のトラブルの代表選手とも言えるニキビ。これを改善しないと肌が汚らしく見えてしまいます。

 

 

ここではニキビ対策について知りましょう。

 

 

腸内環境を良くする事 

 

 

人間の腸には善玉菌や悪玉菌、どちらにも変化できる日和見菌がいます。普段の生活において脂質が多い食事や不規則な生活をしている人は悪玉菌が増えてしまいます。そのため、便秘になり腐敗物質を生じます。腐敗物質を便として排出する事ができないと、血液中に溶けだして全身に巡るようになります。

 

 

するとニキビなどの肌トラブルを起こすようになります。また便秘は肌の新陳代謝を司る自律神経の機能を落としてしまいます。そのために肌の角質層の水分が少なくなり、腸管から十分な栄養を吸収できなくなります。すると肌への栄養供給が上手くいかずに肌トラブルが起きてしまいます。腸内にいる善玉菌と悪玉菌のバランスを良くする事ができれば、便秘も解消されます。

 

 

そしてニキビや肌荒れが起きない肌作りができるようになります。悪玉菌が優勢になると肌トラブルや便秘を起こしますから、善玉菌を増やす必要があります。善玉菌を増やすのに役に立つのが乳酸菌です。乳酸菌には肌荒れを抑える事に加えて、肌のキメを整える作用を期待できます。乳酸菌はヨーグルトなどにたくさん含まれています。

 

 

ニキビに効く食べ物 

 

 

ニキビにいい食品はモロへイヤやブロッコリーに含まれるβカロテンなどもいいです。体内でビタミンAに変わって肌の再生を促進します。大根やブロッコリー、オレンジなどに含まれるビタミンCは肌の老化を防ぐ抗酸化作用があります。コラーゲンの生成を促す事ができて丈夫な皮膚を作る事ができます。アーモンドやイクラなどにたくさん含まれるビタミンEはホルモンバランスを調整できてニキビを作りにくい肌作りができます。ニキビが気になり毎日のように鏡で確認している人もいます。ニキビができる理由はいろいろですが、腸内環境の悪化も一つの原因になります。おもいあたる人は食生活を改善していきましょう。