自宅ですっぽん鍋を食べた時、私は確信した

私の人生初のすっぽん鍋。それは自宅でした。

 

料亭などで食べてみたかったのですが、近くにすっぽん料理を出すお店もなかったですし、少し足を延ばしても高級料理のため、なかなか踏み出せずにいました。

 

たまたま車で通りがかった道の看板で養殖場を発見し調べてみると、自宅で調理できるように捌いてくれるとのこと。しかもレギュラーサイズ(4,5人前用)で4千円ちょっとだったので、これなら手が出せると、思い切って買い付けに行ってみました。
鍋にするように捌いてくれたすっぽんと、生血までついてました。

 

ついでに養殖場の店舗で売っていた、缶に入って製品化されたすっぽんスープも購入しました。

 

まずは聞いてきた説明を基に調理方法のメモをみて、ひたすら煮込んで2時間。トロトロになってきたところで味付けし、野菜などを入れてすっぽん鍋でいただきました。
味は意外と無味無臭というか、鍋のお出しの味がほとんどで、とろみのついた白身魚を食べている感じでした。

 

鶏肉や豚足と白身魚の間くらいの食感で、コラーゲンたっぷりなのが一目瞭然ですし、口でもとろけるので、個人的には気に入りました。

 

ただ、手足や甲羅がそのままなので、見た目が気になる人はハードルの高い食べ物かもしれません。でも甲羅は必須らしいです。養殖場の方が「甲羅にコラーゲンがついていて、煮ることで溶け出すから、ずっと入れて火にかける」と聞いたので、見た目がどうであっても鍋から出せません。

 

生血はリンゴジュースで割ってくれたので、匂いもきにならず、ジュースのように美味しく飲めましたが、飲んだ後は少しカーッと熱くなる感じがしました。これがお酒で割ったものならば、もっと熱くなったのかと思います。

 

コラーゲン豊富というのは有名な話なので、やはり女性としては効果を期待したいものです。かと言って、一回食べただけで効果がわかるのかと思っていましたが、翌日の肌のコンディションは抜群でした。洗顔の時の肌触りがいつもと全く違い、お化粧ノリも良かったです。よく海外へ行くと鶏鍋を食べるのですが、翌日の肌は調子いいのですが、すっぽん鍋を食べた時の方が素晴らしく、数日そのコンディションが続きました。それだけコラーゲンの量に差があるのではないかと思います。

 

 

後日カゼをひいた際に、買ってきたすっぽんスープを使って雑炊も作ってみましたが、細かい身も沢山入っていて、身体が温まり効果てきめんだったと思われ、正真正銘の滋養強壮剤だと確信しました。

 

すっぽんドリンクなども昔からありますが、おじさんが飲む物と思っていました。老若男女問わず試してみる価値がありそうです。